ご訪問ありがとうございます。


【公式サイト】

丸山アレルギークリニック

http://maru-all.com/

お問い合わせ

022-304-1191(代表)


<目次>

001-新着情報

002−診療時間とイベントのお知らせ

010-はじめに

100-診察科目別説明

200-診察科目別参考文献

300-独自の療法

400-メディア掲載

500-食

700-用語集

800-その他


♪新着順に見るにはコチラから

治りにくい皮膚炎の増加

アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎(あわない化粧品や軟膏でなる皮膚炎でいわゆるカブレ)にかかる方が、最近非常に増えています。それも幼小児のアトピー性皮膚炎の再発ではなく、成人して初めて突然発症した人が増えています。
皮膚科では、抗アレルギー剤やビタミン、それにステロイド軟膏を中心とした軟膏療法で治療しますが、それだけではなかなか完治しない場合が多々あります。
なぜ、このような治りにくいアトピー性皮膚炎が増えてきたのでしょうか。それは、アトピー性皮膚炎をおこす原因が、昔と違って多岐にわたっているからです。


<多岐にわたるアトピー性皮膚炎の原因>

アトピー性皮膚炎が、軟膏治療や抗アレルギー剤といった従来の治療でよくならなくなったのには理由があります。

①食生活の変化
原因として最も重要なのが、食生活の変化です。ここ数十年で日本人の 食生活は和食中心から 西洋的な食事に急激に変わっていきました。そして急にこれまで食べ たことのないような多くの種類の食材を摂るようになりました。
しかし、私たちの胃や腸や腸内細菌といった、食べ物を消化吸収する側は、それに対して迅速 に対応することができなかったのです。その結果、完全に消化できないものや、老廃物があふれ、それがリンパ管を通じて全身の皮膚に運ばれていってアレルギー症状を引き起 こすようになったのです。


②お菓子や嗜好品
食生活の変化と関係がありますが、お菓子などの嗜好品にも問題があります。お菓子などの嗜好品は、腸内にカンジタ菌などの悪玉真菌や、病原性大腸菌を増やし、ビフィズス菌などの善玉菌を減らしていく方向に働きます。実際にお菓子をやめて、アトピー性皮膚炎が完治した人がそのことを作文に書いてくれたほどです。


③電磁波障害が難治性アトピー性皮膚炎を生んだ!
ここ数十年で著しく変わったのは、電気製品の種類と多さです。昔は一家に一台のテレビも今日では各家庭に2~3台あり、形態やパソコンの普及で家庭の消費電力も数倍に膨れ上がっています。そのため、電磁波障害がほとんどの家庭で起き始めています。アトピー性皮膚炎の原因が電磁波によるのかどうか知る方法は簡単です。家のブレーカーを消して一週間過ごしてみてください。湿疹やかゆみがきっと減りますよ。
公式サイト
姉妹ブログサイト
Calendar
<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin